天神 タオ

パソコン学習で自信をつける!

アグネス・チャンが出演のコマーシャルでおなじみの「天神」は、乳幼児から高校生まで学べるパソコン学習システムです。
2013年には、日本e-Learning Awards(後援:文部科学省・経済産業省・総務省・厚生労働省)でグランプリとなる日本e-Learning 大賞を受賞しています。

天神は、新学習指導要領にも対応し、公立・私立の保育園や幼稚園、小・中・高校、さらに大学にも導入されており、家庭内だけでなく学校内でも対応でき、常に最新のプログラム、データが使用できるようになっています。

また、社会との連携という視点からも、学校と連携することにより、例えば不登校の生徒の学習に活用し、進捗や学習到達度を確認できたり、小児科医院運営の発達障害児のための学習支援教室で活用し、多くの子どもが主体的な学習習慣が身に付いたと報告され、これらのことが高く評価されています。

乳幼児向けには「乳幼児才能開発ナビシステム」(特許取得)により、その日のカリキュラムが自動で表示されたり、小・中・高校生向けには、「戻り学習・先取り学習プログラム」(特許取得)により、苦手をすぐに克服できる仕組みとなっています。

教材と費用

教材にかかる費用についてはホームぺージでは公表されていません。
資料請求すると一部の料金が記載されていますが(例:小学 算数 1学年分 50,400円など)、子ども一人ひとりに最適なカリキュラムを選んで作成するフルオーダーメイド教材になるため、費用は様々になります。

まとまった金額を目にしたり、オーダーメイド教材だと聞くと相当高額な教材になると想像しますが、月額計算してみると塾に通うのと変わらないというケースもあるようです。

乳幼児版は、知識・数量・言葉・記憶・思考の5つの分野を学習していき、小学生・中学生版では、教科書に対応した内容、高校生版では、大学受験対策もできます。

幼児・小学英語では、英語脳の開発するために導入⇒定着⇒実践までを網羅し、続けていくことで英語力がつき、幼児期から始めた楽しさ重視の幼児英語は、学びを進めていくうちに学力重視となり、中学英語に対応できる力を備えていきます。