こぐま会

ひらめきと思考力を育む

幼小児の知能開発で第一人者的な存在だと言われている「こぐま会」の教材では、子どもに無理に覚えさせるのではなく、自然に理解に達することができるような工夫がされ、子どものひらめきと思考力を育むプログラムとなっています。

こぐま会で開発された学習内容は、長年、教室でしか学べませんでしたが、人気キャラクター「ハローキティ」を登場させた「ハローキティ・ゼミ」として全国どこででも学ぶことができます。

ことばやかずの学習だけでなく、図形や位置表象、季節や生活の常識、社会的常識など、手指を使って幅広い分野に取り組みます。
年長の1月からは就学準備に入り、もじの読み書きや計算など小学校での学習へとつなげていきます。

またこぐま会は、小学校受験に定評があり、家庭学習で受験を目指す人向けの「ひとりでとっくん365日」があります。
こちらは1日1ページ、1か月に1冊、1年で12冊というシンプルで計画的な学習で、こぐま会ネットショップや全国の書店で、必要な分だけ教材を購入することができます。

教材と費用

「ハローキティゼミ」は現在、「年中4-5歳コース」と「年長5-6歳コース」の2つのコースがあり、毎月教材セットが自宅に届きます。
2016年4月までに、年少3-4歳コース・小1コース・小2コース・小3コースが開講される予定です。
年中・年長、どちらのコースも有料プランが月々980円。
りんごのえほん(1冊)・森のふろく(1セット)・みんなのぬりえ(3枚)・学習の手引き(1冊)がセットになっています。

また無料プランもあり、りんごのえほんが毎月10ページ(半分)を無料でダウンロードすることができ、自宅やコンビニなどでプリントアウトして学習することができます。
ハローキティとその仲間たちが登場する教材は、絵本の読み聞かせをする感覚で子どもの知能を伸ばしていきます。
ふろくはカードやパズル、すごろくなどで、遊びながらひらめきと思考力を高めていきます。