家庭保育園

「心」と「体」と「知性」を育てる

家庭保育園は、どうすれば赤ちゃんだけが持つ「無限の資質」(豊かな人格形成も含め)を開花させることができるかを追求し、親子のふれあいによって、子どもの中にある様々な好奇心の芽を育てることに重点を置いています。

知能(IQ)を高めることにとらわれず、こころ(EQ)とからだ(PQ)を大切に育てていくことで、「考える力」や「生きるための知恵」も育てられ、結果的に素晴らしい「知性」と高い「知能」が身に付くというものです。

天才児を育てた「カール・ヴィッテの教育」

家庭保育園の教育システムには、「カール・ヴィッテの教育」に加え、現代の最新の脳科学を取り入れています。

「カール・ヴィッテの教育」とは、天才児と呼ばれたカール・ヴィッテを育てた父親が実践した教育法です。
父親は息子であるカール・ヴィッテの学力だけを伸ばそうとしたわけではなく、天才児に育てようとしたわけでもありません。
ただ「円満な人格」に育てようとし、知恵を絞りできる限りのことをして、息子を健全で活動的、さらに幸福な青年になるよう努めただけなのです。

しかし息子は、8歳で6か国語を習得し、9歳で大学入学、14歳で哲学博士の学位の称号が与えられ、さらに16歳でベルリン大学の法学部教授に任命されたという、天才ぶりを発揮したのです。
だからといって「がり勉」タイプではなく、体は健康で人格も円満、周囲の人から好かれるタイプだったそうです。

子どもの「芽生え」のタイミングと共に教育を始めて、その力が発達する時期に「発達の機会」を与えるという「適期教育」を徹底して実践した結果だと言われています。

教材と費用

家庭保育園の教材の特徴は、DVDなどの映像教材がないということです。
教材には「胎教」と「第1教室〜第6教室」があり、それぞれのコースにより費用が違ってきます。
無料体験レッスンや無料のおためしコースなどもあります。

また、継続するためのきめ細やかなアフターフォローは評判もよく、抜群の効果をうむと言われています。

胎教

イメージバースハンドブックや丹田呼吸法のCD、リラクゼーション音楽CDなどがセットになり15,984円

第1教室

昔話や知識の絵本、日本と外国の秀作絵本やわらべうたの本・CDなど全77冊と、国語力を育てる「魔法のキューブ」などがセットになり112.610円

第2教室

能力開発と心を育てることを重点とした教材で、カードやテキスト、CDの他、日本と西洋の名画集などもセットになり263,714円

第3教室

文部大臣賞を受賞した音楽とリトミックの教材。

第4教室

子どもの好奇心にこたえる「なぜなにブック」全22巻などがセットになり59,184円。

第5教室

胎児から学べる英語教材「種まきイングリッシュ」と「バイリンガルファミリー」131,544円。

第6教室

算数と国語を軸としたプリント教材。3歳〜5歳までの3年間コースで毎月自宅に教材が届きます。会員特別価格213,840円。