フラムキッズ

脳の発育過程と言葉の周波数を利用した多言語教材

脳は全体の80%が3歳までに形成されると言われています。

脳が育つ大事な時期に、英語をはじめ多言語を聴くことは、私たち日本人には聞き取れない音が聞き取れるようになる力がついてくるといいます。
日本語は125〜1500Hzという低い音域であるのに対し、英語は2000〜1万5000Hzという高周波音であるため、乳幼児期に日本語だけを聞いて育つと、日本語の持つ音域に耳が慣れてしまい、それ以上の音域の聞き取りが困難になり、多くの日本人のように英語をはじめ多言語の習得が難しくなってしまいます。

フラムキッズでは、脳の発育過程に合わせて、3歳までに言語の持つ周波数を利用することで、幅広い音域を聞き分けられるようにし、言語習得に重要な役割をする右脳が活発な9歳までに、多言語の基礎を築けるようにすることを重要視しています。

教材は1回で全て届き、CDを聞きテキストを読むというような、シンプルな学習スタイルになります。
CDを聞き流して耳を慣らすだけで、無理に覚えこませることはなく、自然と多言語が聞き分けられるようになります。
テキストはふりがな付きで、子どもでも発音しやすいように、ネイティブの発音そのままが日本語表示されています。

教材と費用

教材は「フラムキッズ1」と「フラムキッズ2」の2種類で、5か国語収録音声CD(収録時間約30分)と音読用ふりがな付きテキスト(A5サイズ全70ページ)日本語訳付きがそれぞれセットになっています。

いずれも10,500円(税込・送料込)
1・2セットで購入の場合は、19,800円(税込・送料込)でお得です。
対象年齢は、言語の習得に最も効果があると言われる0歳から9歳までになります。

・フラムキッズ1 : 英語・フランス語・中国語・イタリア語・スペイン語
・フラムキッズ2 : 韓国語・ロシア語・ドイツ語・ポルトガル語・タイ語