アルク

乳幼児期は語学の黄金期

アルクは、乳幼児向けからビジネス英語、翻訳、英語教師養成までと幅広く英語教育の場を提供しており、書籍の出版やアプリ、電子書籍など効率よく学べるようにサポートする様々な教材があります。

「人は聞くことのできる音しか発音できない」ことから、感覚器官の発達がほぼ完成するといわれる3歳くらいまでが「英語の耳」を育てる「黄金期」と捉え、乳幼児向けの教材はCDやDVDにより「聴く」ことを中心とした内容となっています。
また、アメリカ英語より周波数が高いイギリス英語が使われていることも大きな特徴です。

アルクkiddy CAT英語教室では、2歳から親子で楽しく英語学習を始めることができます。
教室で使われているDVDなどの教材は、大学教授の監修のもと作られています。
通信講座でも同じものが使われており、家庭での英語環境づくりが容易にできます。

教材と費用

エンジェルコース:胎児〜3歳

マザーグースや名作童話の読み聞かせを収録したCD教材。1枚当たり約30分で12枚セットが31,320円。
BGMには、リラックス効果が高く、記憶力や集中力をアップさせると言われるモーツアルトの曲が流れています。
CDを流して聴かせるだけで、手軽に英語の耳を育てていくことができます。

アルクのabc DVDボックス:生後8ヶ月〜6歳

DVDには日本語音声や字幕はなく、あいさつや身の回りの単語、日常でよく使うフレーズが繰り返し何度も出てくることで、その言葉が自然にインプットされていきます。
1枚当たり約60分のDVDですが、最初から最後まで続けて見ることができない設計となっており、だらだら見ることを防ぐことができるので安心です。
DVDが6枚セットとなり35,640円。

こどもえいご おまかせパック:胎児〜6歳

「エンジェルコース」と「アルクのabc DVDボックス」がセットになったものです。
赤ちゃんの頃はエンジェルコースのCDを中心として「耳」を育てていき、大きくなるにつれアルクのabc DVDボックスを使用し、映像により理解を深めていくようにします。
CD12枚とDVD6枚がセットになり60,480円で、エンジェルコースとアルクのabc DVDボックスを個々で購入するよりお得になっています。